ブログ

両立支援等助成金の育児休業等支援コース

両立助成金

両立支援等助成金の育児休業等支援コースについて

この助成金には、雇用保険の適用事業所において被保険者として雇用している女性従業員が、面談の上作成した育児復帰支援プランに基づき3ヵ月以上の育児休業を取得した際、また育児休業中に育休復帰支援プランに基づいた措置を実施し、職場復帰した際に申請できる職場復帰時等いくつかのコースがあります。

合計57万円の助成金

該当する女性従業員がいた場合、受給できる額は中小企業の場合育休取得時申請で28.5万円、復帰時申請で28.5万円、合わせて57万円となります。

申請に関しては就業規則の整備が必要になりますし、また先程述べた育休復帰支援プランを面談の上作成し、プランに基づき業務の整理や引継ぎ等を行っていくことが必要です。

復職の不安も解消

育児休業取得する従業員本人も引継ぎがどうなるのか、いつから復職するのか、また育児休業中の会社の状況の変化等不安を抱えている方が多くいらっしゃいます。

また会社側からしても人手不足のこの時代に、今まで仕事を続けてくれた優秀な人材を失うのは大変な痛手です。安心して仕事を引継ぎ復帰できる職場環境を作っていくことは会社の安定した経営に必要な事ではないでしょうか。

また、女性だけでなく男性が育児休業を取得した場合に申請できる助成金もあります。男性が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取り組みを行い、雇用保険の被保険者として雇用している男性従業員が、子の出生後8週間以内に育児休業を取得した際に申請できるものとなります。

支給額は中小企業の場合、1人目に対して57万円と非常に大きい金額になります。

また育児休業の日数は14日以上となっていますが、中小企業においては連続5日以上の育児休業取得で申請ができます。

今まで男性が育児休業というと大企業での話というイメージをもたれる方も多いと思いますが、この助成金をきっかけに、男性も育児休業を取りやすい環境を整え、従業員が協力しあえる職場作りを行っていくことが従業員の意欲の向上や定着率につながり、これからの企業の発展につながっていくのではないでしょうか。

関連記事

  1. 労働法 労働条件通知の方法の改正
  2. 有給休暇 正社員化に伴う有給休暇
  3. 毎月勤労統計 毎月勤労統計調査に関する諸問題
  4. 働き方改革 年次有給休暇の時季指定とは
PAGE TOP